デスノート(DEATH NOTE)をアニメ・映画・画像を紹介します

DEATH NOTE

2003年8月に「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元となっている。なお、作品の内容は連載版とは似て非なるものである。

2006年1月現在単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)。2004年の売り上げは1年目にして、年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数が2100万部を突破する人気であり、2006年10月3日よりアニメ版が放送される。

10月13日には、公式ガイドブック『DEATH NOTE HOW TO READ13』が発売される。

デスノート注目点

ストーリーにおいて特筆すべきは、主人公は犯罪者であり、悪役の視点で物語が進行している点である。作中の煽りなどでも、キラははっきり“悪”とされている。悪役の視点で進行しながらも、読者も「一体感・達成感」を感じられる点には、注目すべきだろう。

さらに重要なのは、探偵とのバトルの行方次第では、大量殺人者キラが「神にも救世主にもなりうる」ことである。キラの存在は、単純に「」とは言えず、これまで社会が黙殺してきた「闇の部分」である。そこにスポットを当てた本作品は、まさしく異色作と言えるだろう。

また、探偵側・犯罪者側どちらも、一般人の常識に捉われておらず、ただ己の「信念」のために戦っている。際立ったカリスマ同士のバトルであり、本作の大きな特徴である。

◆DEATH NOTE(デスノート)アンソロジー【DEATHTIX 3】

◆DEATH NOTE(デスノート)アンソロジー【DEATHTIX 3】

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 :
発売日 :

価格 商品名
350円 ◆DEATH NOTE(デスノート)アンソロジー【DEATHTIX 3】

出版社: 東京漫画社
定価;¥848(税別)
発行日;04.11.30
P154以上
著者の一覧は2枚目の画像を参照下さい梱包;基本的に厚紙補強なしにビニール袋で防水し、封筒に入れての発送致します。
同人誌の意味が分からない、苦手なかたは入札をご遠慮下さい
特に目立った汚れ等はありませんが、あくまでも古本です
神経質な方や、美品をお求めの方は入札をご遠慮ください。
キャンセル及びクレームは受けられません。
良く考えた上での入札をお願いします。家を留守にしていたりして、質問等の返事や連絡の出来ない期間を自己紹介欄に記載しますので、入札前や質問前には、参考にして下さい。

『デスノート(DEATH NOTE)アニメ映画と画像の館』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 デスノート(DEATH NOTE)アニメ映画と画像の館 All rights reserved.