デスノート(DEATH NOTE)をアニメ・映画・画像を紹介します

DEATH NOTE

2003年8月に「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元となっている。なお、作品の内容は連載版とは似て非なるものである。

2006年1月現在単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)。2004年の売り上げは1年目にして、年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数が2100万部を突破する人気であり、2006年10月3日よりアニメ版が放送される。

10月13日には、公式ガイドブック『DEATH NOTE HOW TO READ13』が発売される。

デスノート注目点

ストーリーにおいて特筆すべきは、主人公は犯罪者であり、悪役の視点で物語が進行している点である。作中の煽りなどでも、キラははっきり“悪”とされている。悪役の視点で進行しながらも、読者も「一体感・達成感」を感じられる点には、注目すべきだろう。

さらに重要なのは、探偵とのバトルの行方次第では、大量殺人者キラが「神にも救世主にもなりうる」ことである。キラの存在は、単純に「」とは言えず、これまで社会が黙殺してきた「闇の部分」である。そこにスポットを当てた本作品は、まさしく異色作と言えるだろう。

また、探偵側・犯罪者側どちらも、一般人の常識に捉われておらず、ただ己の「信念」のために戦っている。際立ったカリスマ同士のバトルであり、本作の大きな特徴である。

ヒカルの碁 小畑健 17-23巻(最終巻)7冊/デスノート

ヒカルの碁 小畑健 17-23巻(最終巻)7冊/デスノート

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 :
発売日 :

価格 商品名
1,600円 ヒカルの碁 小畑健 17-23巻(最終巻)7冊/デスノート

中古本であることに、ご理解の上ご入札お願いします。ノークレーム・ノーリターンでお願いします。落札後のキャンセルはお断りさせて頂きます。 ☆他にも出品中です。 【支払詳細】●イーバンク銀行【発送】発送は宮崎県からです。冊子小包で600円 (補償なし) (梱包代込み)

『デスノート(DEATH NOTE)アニメ映画と画像の館』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 デスノート(DEATH NOTE)アニメ映画と画像の館 All rights reserved.